片思いと両思い、どっちがを取るか迷ったときは

人は誰でも幸せな恋愛に憧れますよね。

 

でも人の気持ちは複雑で、両思いにばかりなれるとは限りません。

 

片思いの彼、どうしても諦められない、でも両思いの人もいて・・・、そんな経験ありませんか?

 

そんな女性のために、経験豊富な女性からの片思いと両思いに関する体験談をいくつか聞いてみました。

 

 

都内に住むOLのSさんは、現在31歳。婚約中の彼とは良好な関係にあるといいます。

 

しかし現在の彼と婚約するまで、長く会社の上司と不倫関係にあったそうでした。

 

「今思い出したら、ぞっとするくらい荒れた毎日を送っていました。不倫関係の彼のことは、大好きだったんですが、それだけにどうしても自分だけのものにならないという苛立ちが強かったんです。将来のことを考えて焦り、複数の男性と交際したりしました。でも彼以上に好きな人は現れなかったんです。」

 

そんなKさん、片思いも同然の彼への執着からようやく開放されたのは、現在の婚約者と出会ってからだったそうです。

 

「彼はすさんでいた私を支えて、立ち直らせてくれました。事情を聞いたりすることもなく、見守ってくれたんです。もうあんな生活にもどることはありませんね。」

 

自分を大切にしてくれた相手を最終的に選んだSさん、つらい経験から得たものは大きそうです。

 

また、現在主婦のMさんはこう言います。

 

「私はいつも片思いばかりしていました。自分が好きになる人は、自分を好きにはなってくれないと悩んでいたんです。そんな時悩みを聞いてくれたのが、今の夫です。悩みを聞いてもらっているうち、信頼して何でも話せる友達となりました。そのうちに彼の存在が私の中で変化していったんです。それで、あ、これかな?って。それまでは友達と恋愛なんて考えたこともなくて、本当にびっくりしましたね」

 

どうでしょうか。
片思いしかできなかった人が、両思いに気づいた、ということのようですね。

 

また、大手出版社勤務のKさんはこんな話をしてくれました。

 

「彼は新卒で採用された会社の同期です。知り合ってからずっと彼を追いかけていました。彼はモテることもあり、全然脈なしって感じでしたね。かなりの数の女性と付き合っているようでしたが、浮気性の彼に愛想をつかして女性はみんな去っていくんですよ。今では私が一番だとハッキリ言ってくれています。私も彼を理解できるのは私だけだと思ってるんで、自信もありますよ。」

 

Kさんは片思いの彼を諦めず待ち続け、最終的に彼女の座を射止めたようです。
時間はかかっても、努力が実ったというケースですね。

 

いかかでしょうか?
女性は素敵な男性にめぐり合うためには、いかなるときも周囲の様子に気をはらい、確実にチャンスをものにしなければならないですね。

 

ぼんやりしていては、いいお相手が去ってしまうかもしれませんよ!


このページの先頭へ戻る